FX(外国為替証拠金取引)での色々な注文方法

FX(外国為替証拠金取引)には色々な注文方法があります。

○ OCO注文
FX(外国為替証拠金取引)では、「指値」と「逆指値」を組み合わせて、そのどちらかが約定するともう一方の注文が取り消しになる「OCO注文」というものがあります。
例えば、ドル/円の買いの場合、新規注文で115円で買い、120円になったら利益を出すために「売り」、110円になったら損失を抑えるために「売り」という注文を同時に出す。

○ IFD注文(連続注文)
FX(外国為替証拠金取引)でのIFD注文とは、あらかじめ入力した注文が約定したら、予約注文が執行される連続注文の事です。
例えば、ドル/円の場合、現在は115円だが110円になったら「買い」、その後120円になったら「売り」などと連続した注文を出す。

○ IFO注文
FX(外国為替証拠金取引)でのIFO注文とは、上記のIFD注文OCO注文の機能を追加した注文方法です。

FX(外国為替証拠金取引)では、これらの注文方法を上手く組み合わせながら利用してリスクを最小限に抑えて、利益を最大限に上げていくことを目指します。