スワップ金利とは

FX(外国為替証拠金取引)での魅力のひとつはスワップ金利がもらえるという事があります。
スワップ金利とは、買った通貨と売った通貨の金利差を利用して、高金利の通貨を買った場合、かなりの高金利を得られる仕組みです。
特に金利の低い日本の場合と比べると、海外の通貨は金利が高いので、海外の通貨を「買い」、円を「売り」のポジションをもった場合、海外と日本の金利差分を得ることが出来ます。

一般的な表示例は、

1万通貨あたりのスワップ金利
            買い    売り
○米ドル/円    150円  -155円
○英ポンド/円   275円  -280円   

などと表示され、米ドル/円の買いポジションの場合は毎日150円のスワップ金利を受け取ることが出来ます。逆に売りポジションの場合は155円支払うことになります。